2009年07月05日

【ネタバレ】エヴァ観てきたお

は〜い皆さん。
エヴァを観たばかりで頭が痛い友美です。
なんか内容がいっぱいいっぱいで、頭に直接真理を叩きこまれた感じッス。
そして興奮がなかなか冷めなかったので、昨夜は三時くらいまで眠れなかった。
あと前回の歯医者で作った芯所の歯が全部削られて、若干ショック受けてます。
何故残りの歯を削ったし。
おかげで、今日は久々に血が沢山出ましたわ。


とりあえず、久々に映画感想を書きまする。
もちろんネタバレしてるので、見てない人は要注意です。
では早速行きます。



・しょっぱなから新キャラのマリたんキタコレ
・メガネっ娘とは、なんつー私のツボを突くんだどちくしょう!
・楽しんで戦うヒロイン、大好きですお
・伍号機を見た瞬間、ランスロットを思い出したのは私だけ?
・幸せは〜歩いて来ない、だ〜から歩いて行くんだねぇ♪
・あれ?一気に話飛ん…だ?
・弐号機かっけーっ!
・アスカキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
・あれでも…苗字、違うのね
・でもツンデレは健在
・ならばよしっ!
・あれ、中身か違うぞ!?
・今回はほのぼのするシーン多くていいわ〜
・でもなぜか曲がカレカノ
・結論:それは音楽担当者が同じだから
・アスカアスカ、見えてます
・現代風の女の子っぽくなったアスカ
・でもゲームばっかって(笑)
・社会科見学、いいなぁ〜
・洗浄されまくるの嫌すぎだけどなwww
・ペンペン良かったね、仲間が居たよ
・初めてレイの良さを知った…
・レイに一度も萌えんかったのに、萌えまくってしまった!
・そうか、レイはお味噌汁好きなのか
・セカンドインパクトのシーン、トラウマになりそ
・空から降ってくる使徒、ますますキモくなったな
・アスカの挫折、はえ〜な
・あっ、やっぱレイとユイさん被るのね
・レイ、そのアイデア、GJだ
「秘密。もう少し上手くなるまで」
・あ〜畜生、レイ可愛いなぁ
・つかこれ…ツンデレじゃなく、クーデレだな
・レイに負けじとするアスカ、カワユス
・なんか、思春期の女の子ぽいわ〜
・ミサトさん、そんな可愛い顔で頬を赤らめないで
・たくもう、今回はみんな可愛いなぁ
・おい、これなんつー腐女子ホイホイ?
アッーーーー!!
・月から回収されるロンギヌスの槍
・あれ、なんか月の一部が赤い
・もしやこれは、前作映画の続きか!?
・カオル君のイケメン度、増し増しで
・有名なアスカとレイのエレベーターシーン
・受け止めた…だと!?
「ちっ、ハズレかいな。」
・多分これは、トウジじゃないってハズレフラグ
・忘れられないの〜♪
・あ〜、なんか今回懐メロ多いなぁ
・えっえっ、アスカが載るの!?
「ありがとう」
・なんか、今回のレイとアスカの距離がいい具合でいい
・トウジの妹カワユス
・ちょっ、まっ!アスカ!これあのフラグっぽいから止めて!
・でもプラグスーツはナイスですっ!
・つかこのプラグスーツは、ドラマCDのかぁっ!
・マリたん、極秘じゃなくなったね
・絶対領域とは…なんてけしからん最 強 装 備
あああああアスカアアァァァッ!
・(この時エロイ想像したら負け)
・呆然とするレイが人間らしくていい
・あ〜私のトラウマシーンキタコレ
・今日の日は〜さよ〜なら〜♪
・つかこれ、テレビとかで放送出来るのだろうか?
・だ、誰か「見せられないよ」の自主規制持って来いっ!
・男の戦いの内容が薄っぺらくなったなぁ
・アスカはやっぱり不備な娘
・レイ、シンジが捨てたウォークマン拾ってくれたんだね
・牛が…牛がなんか凄くなってる
・マリたんのプラグスーツ姿ハァハァ
・ヤベェ、弐号機つえーが、これは確実に不備フラグだ
・コックピットにあのウォークマンが!
「碇くんが戦わなくても済むように!」
・レイ、すんごい人間らしくなったね
・あら、シンジと加持さんのあの有名シーン、カットなのね
・マリたん、無理しないで
・弐号機とマリたんは不備な娘
・テメェ牛コノヤロウッ!
・ぺってするところが、なんかカオナシっぽい

「僕はエヴァンゲリオン初号機パイロット、碇シンジですっ!」

・シンジ、かっこいいよシンジ
・電池切れになる初号機
・でも暴走はしない
・シンジの強い意志と決意
・いま〜わたしの〜ねが〜いごとが〜♪
「僕はどうなってもいい。でも、綾波を返せっ!」
・一気に主人公らしくなっていい
・レイを助けるんだ!シンジ!
「行きなさい!誰のためでもなくて、自分のためにっ!」
・このシーン、テレビでやったら視聴率良さそう
・この大空に翼を広げ、飛んで行きたいよ〜♪
・レイを救出…出来て良かった、マジで
・な、なぬ!サードインパクトだとぉ!?
・神に近い存在となった初号機
・初号機の中に閉じ込められたシンジとレイ
・さぁ、次回はどうなるのかっ!?
・てな感じでエンディングへ
・エンディング終了後、再び本編へ
・さぁサードインパクトがはじまるお〜!
・次の瞬間、『!?』の弾幕が頭の中で流れてしもたww
「今度こそ、君だけは幸せにしてあげるよ…碇シンジ君。」
またお前かwwwww
・次回予告だけじゃどうなるか判らん
・でもなんか明るい方向に行くんじゃないかと予測
・八号機には誰が載るん?
・次回新世紀エヴァンゲリオンQ
・Qってなによwww
・これは確実に四部作になるフラグですね、判ります




てな感じです。
いやぁ、久々にこんな長々と感想かいちゃいましたわ。
とりあえず、今回のをひとまとめにすると…



かっこい碇シンジや

クーデレイなどに、

ひたすら燃える(萌える)

映画ですね、判ります。




って感じ思えました。
でも戦闘シーンは、前回の方が燃えたかな?
ん〜、今回はほのぼのシーンに萌えるって方がいいかも。
まぁでも、本当にいい映画でしたよ。
リアルタイム世代の私でも、良かったと思える内容で良かった。
作ってくれた庵野監督やスタッフ様に、感謝の気持ちをいっぱい送りたいです。
でも、全てが救いようの無い内容になることだけは勘弁してね(笑)
投げっぱにだけはしないでねぇ!
posted by 静 友美 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30316200
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック